脇の黒ずみをとる方法でコンプレックスも排除!

婦人

肌の悩みを解決できる

肌ケア用品

ビタミンc誘導体はさまざまな肌のトラブルに欠かせない成分です。化粧水配合されていることが多く、ニキビ肌の人やエイジングケアをしたい人から人気を集めています。ビタミンc誘導体の特徴は分子が小さいため肌の奥まで浸透して肌活性してくれる点です。

脇の黒ずみを克服するには

腕を上げる女性

脇の黒ずみケアの工夫

腕を露出する機会が増える夏の季節には、脇の黒ずみケアを怠ることはできません。脇の黒ずみをとる方法を工夫するだけで、服の着こなしや外出が楽しくなります。脇の黒ずみをとる方法のポイントは、2つあります。1つめは、ワキの脱毛をすることです。脇の自己処理を続けていると、肌が傷み、除去しきれない黒い毛穴が目立ちます。最近では、破格の値段で高品質の脱毛施術が受けられるサロンも増えているため、まずは脇から始めるという人が増えています。2つめは、脱毛の効果を高め、皮膚のトーンを明るくするために、毎日保湿をすることです。普段使っている化粧水で十分です。洗顔後、掌にまだ残っている化粧水を、脇に塗りましょう。それだけで、肌の脇の新陳代謝が促され、黒ずみの改善が期待できます。

脇の黒ずみには保湿が必要

脇の黒ずみをとる方法として、ポイントを紹介しました。先ほども述べたように、黒ずみが気になる人は、まず1つめに挙げた脇脱毛をするでしょう。しかし、重要なのは2つめの保湿です。脇の黒ずみの特徴は、過度な自己処理によって肌が傷つくこと、服の摩擦や腕との摩擦で肌がこすれてしまうこと、脇汗の処理を怠ることにあります。普段使っている化粧水や、保湿成分に優れている美容液を使ってみるようにしましょう。脇は、見落としがちな部位であるため、汗などで放置していると肌のターンオーバーが遅くなります。その状態で脱毛処理を繰り返していると、効果も期待できなくなります。脇の黒ずみをとる方法の特徴は、肌のターンオーバーを促せるよう、しっかり日常生活の中で保湿ケアを行うことです。

ビタミンcの効果を高める

スキンケア用品

浸透性タイプのAPPS配合のビタミンc誘導体化粧品が人気です。肌への浸透力が高くて、刺激が弱いことから誰にでも使いやすいためです。ビタミンc誘導体化粧品は注意点もあります。肌質に合わないものを使うと効果を実感できないばかりか、肌荒れを場合によっては招きます。

美白に効果的な化粧品

瓶

appsは新型のビタミンC誘導体であり、即効性と浸透性を兼ね備えています。敏感肌の方には脂溶性ビタミンC誘導体入りのクリームと、apps入りの化粧水を重ねていくことで、刺激のあるappsを直接肌には触れさせずに美白効果を得ることができます。